LINE@ICシステム 松井準 インサイダーキャッシュシステムとは? ビジネスモデルは? 評判 詐欺 レビュー 内容 口コミ

引用: http://b-ic.biz/lineic/lpv/present/

特定商取引法に基づく表記

*販売業者 LINE@ICシステム運営事務局
*販売責任者 松井準
*連絡先 nfo★m.b-ic.biz
※ ★を@(半角)に変えてご連絡下さい。

 

LINE@ICシステム 松井準 インサイダーキャッシュシステムとは? ビジネスモデルは? 評判 詐欺 レビュー 内容 口コミ

おはようございます。

「インサイダー取り引きとか

NGSです。

本日は、インストールするだけで
限度額無制限ATMになると謳う案件を
取り上げてみたいと思います。

 

それでは、さっそく
松井準氏による
LINE@ICシステムについて
レビューしていきます。

 

キャッチコピーはこちらです。

「インストールするだけであなたのLINEが
現金引き出し放題の限度額無制限ATMに早変わり」

セールスレターはこちらです。

http://b-ic.biz/lineic/lpv/present/

 

LINE@ICシステム インサイダーキャッシュシステムとは?

この案件はセールスレターを見ただけでは
ビジネスモデルは分かりません。

ということで、
オプトイン(メールアドレス登録)をして
動画を見てみますと
ビジネスモデルが明らかになりました。

他の案件と違って、この案件は
案外、早い段階でビジネスモデルを明かしてくれました。

いつまでも、訳のわからない茶番を
見せられるのは嫌ですから
さっさと教えてくれる案件は大好きです。笑

はい、では本題にもどりまして
この案件のビジネスモデルは
ブックメーカーです。

引用: https://www.youtube.com/watch?time_continue=20&v=9EMHUteNINY

 

ブックメーカーというのは
あらゆるスポーツや、政治に関すること
また天気など様々なものを対象として
賭けることができる、欧米のサイトです。

動画の内容を見る限り
今回はスポーツを対象にするようですね。

単にスポーツ観戦するだけではなく
賭けて観戦するのは確かに応援にも熱が入り
楽しそうですが、ブックメーカーの会社には
信用できないところもたくさんあります

換金できなかったり、出金していないのに
残高が減ってるなんて方も
いらっしゃるようですので注意が必要です。

 

動画では、松井氏が必死に説明されていますが
どんな説明をされてもギャンブルであることに
変わりはありません

確かに、コンスタントに稼いでいる人もいますが
それは、本当にごくわずか、一握りの人間だけです。

どんなシステムやツールを使ったとしても
素人が、儲ける為だけに参入し
いきなり稼いでいくことが
可能な世界だとは思いません。

当たり前ですが、本来ギャンブルであるものを
ギャンブルではなく投資と呼べるレベルにまで
持っていくには、それなりの努力が必要です。

 

なんの努力もなしにシステムを使えば
簡単に稼げるという話。
そんな高性能なシステムが存在するということ。
そのシステムがかなり安く、登録のみで手に入る。

こんな美味しすぎる話は
安易に信用するべきではないと感じますね

 

ここからは、私が考える
この案件に対する疑問と
お勧めできない理由をお話しします。

まず、動画で松井氏はこのようなことを
おっしゃっています。

「ブックメーカーにLINE@ICシステムを
掛け合わせることで、確実に資産を
増やし続けることができる堅実な投資

つまり、ブックメーカー投資へと進化する」

「独自のロジックとシステムが優れている」

 

これらが本当の話なのだとしたら、
既に儲ける為にブックメーカーを
実践している人をターゲットにすればいいと思いませんか?

初めのセールスレターでは
ブックメーカーというワードは出てきていませんから
ブックメーカーを実践しているけど思うように稼げていない人は
ターゲットではありません。

セールスレターを見る限り
この案件でターゲットにしているのは
楽して簡単に稼ぎたい情報に疎い層です。

どうして、ブックメーカーをやっている人ではなく
情報弱者をターゲットにしているのでしょうか?

 

既にブックメーカーが
どんなものかを知っている人に勧めれば
1から説明する手間が省けますし
ブックメーカーそのものについて怪しまれることもありません。

そんな方々に使ってもらって稼いでもらい
また、そんな方ならブックメーカーを
やっている友人もいるでしょうし
広まっていくのではないでしょうか?

でも、松井氏がそうせずに情報弱者を
ターゲットにしているのは何故だと思いますか?

 

私が予想する答えはこうです。

ブックメーカーを既に実践している人は
使ってくれないと踏んでいるから。

ブックメーカーを既に実践している人にとっては
全く魅力的なツールではないと分かっているから。

 

というのは、すでに実践している人は
そんな風に、口で言うほど簡単なものではないと知っているからこそ
そんな話は信用しないし、ありえないと分かっています。

だから、手を出さないと思うのです。

 

そう考えると、ブックメーカーを知らない
素人相手にしか教えられない様なものということで
結局大したものではないのではないか
と思ってしまいます。

 

ブックメーカーで勝つ為のツールであるなら
ブックメーカーやってる人に勧めるのが
自然な流れだと思いますよ。

ブックメーカーを知りもしない人に向かって
「ツールあげるからブックメーカーやろう」って
興味ない人に向かって
「ラケットあげるからテニスやろう」みたいな話ですからね。

まあ、そういうこともあるのかもしれませんが
私は、あまり自然な流れではないと思います。

 

そもそも、勝つ人ばかりになると成り立たないですしね。

負ける人がいるから勝つ人がいる世界です。
誰かの不幸の上に成り立つ幸せですから
不幸な人がいなくなっちゃったら
誰も儲からないんですよ。

なんだか、おかしな
たとえ話になってしまいましたが
そういうことです。

とにかく、簡単に稼げると思って
参入することはお勧めしません。

 

結局、無料ではない?

このシステムが無料なのは2週間だけです。

その後は月額費2万円が必要となりますので
ご注意ください。

 

そしてギャンブルですから、当然掛け金は必要です。

その掛け金が、パーになるリスクも
十分ありますから、それを忘れない様にしてくださいね。

 

LINE@ICシステム 総評

このシステムを使ってみたいというのなら
強く止めることはありませんが
私はおすすめはしません。

正直、クレジットカード情報を入力するのも
あまり信用できないものなので
私は気が進みませんし、やめといた方が
いいんじゃないかと感じますね。

 

こんな風に、初めから楽して稼げることを
匂わすようなものに、ろくなものはないです。

どんな世界でも、楽して上にはいけません。

 

これをみてブックメーカーに
興味を持たれた方は、検索をかければ
始め方のサイトや、詳しい説明をしてくれているサイトも
いっぱいありますので、見てみてもいいかもしれません。

楽しみの1つとして
実践してみるのはいいと思うので
信頼できる会社を選んでやってみればいいと思います。

 

また、しっかりビジネスで稼ぎたいというのなら
低リスクで堅実なビジネスをおすすめします。

ということで、本日はこのへんで失礼します。

 

NGS講座開講中です。




アフィリエイト初心者のための講座です

丁寧でわかりやすいNGSオリジナルマニュアル
メールマガジン
あなたに確実に稼いでいただけるように
サポートをさせていただきます。

一緒にアフィリエイトで理想の未来を手に入れましょう。

NGS講座へ参加する


NGSに質問がある方は?


・記事についての質問
・インターネットビジネスについての相談
・その他、疑問点など

どんなことでも、結構です。
お気軽にメールしてください。

メールする

 

メールマガジンのご案内


サイトには書かない貴重な情報
お知らせなどを配信します。

ぜひ、ご登録ください。

メルマガ登録する

 
サブコンテンツ

プロフィール

ngs1996

はじめましてNGSです。


このサイトでは
情報商材のレビューを
していきます。


価値のないものとあるものを
しっかり見極め、レビューを
させていただきます。


初心者の方が
詐欺商材を掴まされないよう
一人でも多くの人を救い
幸せになれる道に案内します。


詳しいプロフィール


______________


情報商材に関しての悩みや
疑問、困ったことなど
ありましたら
いつでもご連絡下さい。



また、インターネットビジネス
について、分からないことが
ありましたら遠慮せずに
ご連絡下さい。


NGSのメルマガ

NGSメールマガジン

NGSのメルマガです。


サイトには書かない、

メルマガ読者の方だけに

お伝えする情報が
  たくさんありますので

ぜひご登録下さい。


こちらからどうぞ

 

お問い合わせ

%e3%81%8a%e5%95%8f%e3%81%84%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0

どんな些細なことでもOKです!

お気軽にお問い合わせください!


→お問い合わせはこちら

アーカイブ

このページの先頭へ